イベント情報

DSANJ Bio Conference Open 2019
創薬支援ネットワーク産学連携フォーラム〜産学官で進める創薬研究〜

日  時 平成31年1月24日(木)13:00〜17:10
会  場 大阪国際会議場3階 イベントホールA
(大阪市北区中之島5丁目3-51)
主  旨 日本医療研究開発機構(AMED)、日本製薬工業協会、大阪商工会議所の3者主催によるDSANJ Bio Conference Open 2019において、アカデミアの有するシーズと製薬企業とのマッチングが行われる機会・会場にて、AMEDが推進する創薬支援ネットワークの事業概要・トピックス等を広く産業界に紹介する「創薬支援ネットワーク産学連携フォーラム」を開催する。
創薬支援ネットワークの役割や構成する法人、創薬支援推進ユニットの活動などを中心に講演を行い、アカデミア・産業界の双方向の研究推進をエンカレッジする。
対象者 DSANJ Bio Conference Open 2019参加企業研究者、研究企画担当者、アカデミア研究者、一般等
参加数 200名程度
主  催 キャタリストユニット
共  催 日本医療研究開発機構
ポスター PDF
PDF1.4MB
URL HPhttp://www.dsanj.jp/web/open.html

プログラム

第1部 創薬支援推進事業の紹介 (13:10〜14:40)

創薬ナビ、ブースターとは?  知場 伸介(AMED創薬戦略部)
DISCとは?  寺坂 忠嗣(AMED創薬戦略部)
創薬インフォマとは? 水口 賢司(医薬基盤・健康・栄養研究所)

第2部 創薬支援ネットワークの構成(14:50〜16:05)

国立研究開発法人医薬基盤研究所の役割 近藤 裕郷(医薬基盤・健康・栄養研究所)
創薬支援推進ユニットの役割  
・エコシステムユニット  吉川 徹(DSANJ)
・スタートアップユニット 盛實 信太朗(Beyond Next Ventures)
・キャタリストユニット  堀 正敏(東京大学)

第3部 今後の創薬支援ネットワークへの期待(16:05〜17:10)

アカデミア創薬におけるエコシステム構築について 小栁 智義(筑波大学)
日本のアカデミア創薬の将来像について 榑林 陽一(神戸大学)

ページ先頭へ